ブログの説明です

京都を拠点に活動する琴奏者・島崎春美のブログです。生徒さまへのご指導の他にも、各種パーティー、結婚披露宴への出張演奏を行っております。築110年の京町家「筝春庵(soushunan)」での1日お琴体験レッスンも行っています。母、錦綾子とともに「琴綾会」を主催、京都池坊「こころホール」にて生徒さんと演奏会を開いています。世界遺産・下鴨神社 専属演奏家、輪違屋・島原太夫 専属演奏家。ギターとのDuoをはじめとするジャズユニットMETIAにて、ドラムや尺八との和洋折衷セッションも行います。

島崎春美のホームページ←クリック                    「はてなブログ」←クリック(以前のはてなブログもご覧ください)。

左の欄はyou tube動画を並べてあります。
↓↓左欄の下のほうから(年/月)過去のブログが見れます。                      右の欄は↓春美のブログです。↓       

2023年1月25日水曜日

京都 琴(箏)だより(寒い京都)

 寒波が襲来し京都も昨日から雪が多く降っています。保育園の送り迎えをここ2日間程たのまれていたので決死の覚悟で?出かけました。オーバーの上にレインコートを着て傘をさして膝までの雨靴を履きと重装備でしたが風もきつくて本当に寒かったです。北国などの方は雪下ろしや除雪作業が日常であると思いますが大変なご苦労があるのだろうと思いました。


2023年1月21日土曜日

京都 琴(箏)だより(スイスとアメリカよりお琴体験)

 今朝はホテルの方からのご案内でスイスとアメリカの仲良いお二人がお琴体験に来て下さいました。とても楽しい方達で母共にご指導させて頂き喜んで下さいました。スイスの彼は桜の季節に京都に来られたことがあり金閣寺などを巡られたそうです。アメリカの彼はもう10回くらい来日されているそうで、今回は3週間くらいの日本滞在、京都は3日間です。この後青森へ行かれるということです。寒くなってきましたのでお風邪などに気をつけて下さいね。






2023年1月20日金曜日

京都 琴(箏)だより(アート作品の素晴らしいケーキ)

 先日マゴの誕生日ケーキを一乗寺の「中谷」さんでお願い致しました。テレビ取材などもよく受けてられるのでお店は大忙しで今現在は新規のオーダーケーキはお断りされているようなのですが、そんな中本当に素敵なケーキを創って下さいました。初代のウルトラマンが希望でしたが迫力あるケーキはもはやアートの世界です。食べるのが勿体なくて皆で暫く見惚れていました。奥様は素晴らしいパティシエさん、お優しいご主人様はお人柄がしのばれる優しいお味の美味しい和菓子の職人様です。奥様はお店の事はもとよりお二人のお子さんのこと、オヨメサンであること?等々本当に頑張って過ごされており私はいつも元気を頂いて「私も頑張ろう!」と思います。ケーキやお菓子は食べたら無くなってしまうものですが感動は心に残ります。素晴らしい事と思います!





2023年1月19日木曜日

京都 琴(箏)だより(アナログ作業ですが)

 昨日の朝、頑張って楽譜の表紙作りをしました。去年のカレンダーの紙でしたが、外国のお客様にお渡ししたら喜ばれるかもと、ふと?思い立ちました。アナログ作業ですが来られる方の出会いを想像しながら、せっせと作業していると楽しくなりました。皆さんは日本が大好きで頑張ってお稽古して下さるので出来るだけ楽しい想い出を作ってあげたいと思っています。


2023年1月15日日曜日

京都 琴(箏)だより(もうすぐ中学生、伊賀上野から)

 いつも仲良し家族の、こうちゃん達が伊賀上野から来てくれました。お母さんとの箏の2重奏も上手に2曲弾けていて感心です、偉いね!ピアノも長く習っているから音感もいいです、頼もしいな。こうして遠くから来てくれて箏を弾いてくれること、本当に嬉しく思っています。足が大きくなったと思ったらもう25.5cmもあるとかでビックリしました。見るたびに成長していて驚かされてばかり。金魚を沢山、上手に飼ってられて10年間1匹も死なしていないとお父さん、優しいなぁ。色々な楽しいお話しも伺いました。こうちゃんの素敵なスーツをマゴの入学式の為にもって来て下さったり大事にしていたパズルを戴いたり。温かな、お心遣いに感謝致しております。






2023年1月11日水曜日

京都 琴(箏)だより(ウサギです)

 母は長年箏を弾いてきた人ですが今は、もう年を重ねてもっぱら手芸に精出して箏を弾かなくなりました。と言う訳でウサギ年にちなんでウサギさんです。


2023年1月9日月曜日

京都 琴(箏)だより(それぞれのお正月は)

 お稽古が始まりお弟子さん達にお正月の様子を聞いています。台湾出身、京大のドクターコースで梅の研究をしている彼は年末、200ページの卒業論文を頑張って書き上げました。今週提出、大好きなお寺巡りをしたい、とのことです。滋賀の彼女は毎年恒例だという姉妹家族の為に一人で膨大なお節作りを。全てお手製なので3日間程かかって仕上げ総勢10人で楽しくお祝い。今は亡きお父様ですが仲良く実家に皆で集い泊まったりしながらお母様を囲んでの楽しいお正月、素晴らしいことと思います!




2023年1月5日木曜日

京都 琴(箏)だより(京都の風景を)

 今日からお稽古も始まりましたが2日の日は嵐山から戻ってから食事に行きました。大きな窓から見える京都の風景を観て堪能していると係りの方が眺望図を持って来て下さいました、ありがとうございます。盆地だから山に囲まれて何だか落ち着きます。昔は?この地の良さもわかりませんでしたが・・・ホテル内にはお正月なのでご家族連れの方が多く来られており車椅子の方々も何人かお見かけしましたが皆さん、8人位の大人数の御身内の方々と来られております。北欧の国々ではごく当たり前のように車椅子の方がお一人で公共の乗り物を利用してデパートなどへ気軽に行かれているのを見ましたが、日本ではなかなかお出かけがハードルが高く感じます。いつか思い立ったらふらっと、いつでもお出かけ出来るようになればと願いました。







2023年1月2日月曜日

京都 琴(箏)だより(お正月は)

 明けましておめでとうございます。今年1年が皆様にとりまして良き1年となりますようにお祈り申し上げます。元旦、2日と嵐山の「らんざん」さんにお弟子さん達とロビー演奏に行きました。今回はお仕事ではありません、支配人様より遠慮がちに?ご依頼されていたのでお弟子さん達の勉強を兼ねてお引き受けしました。ロビー演奏でしたので皆様より温かな拍手やお声かけをして頂きまして皆、嬉しそうでした。達成感のあるお弟子さん達の顔を見て私もとても嬉しくなりました!いつも教えているお弟子さん達に言っていることですが箏を弾くことで社会の誰かの何かの力になれたらと願っています。自分自身が上手になるだけではなくて折角箏を弾いているのですから、そのことで皆さんと何か?を分かち合い優しい心を持てるようにと思います。さて、帰宅後、午後から母共にオーストラリアから数カ月前より来日されて大阪で大学の英語の先生をされてられるお二人に「お琴体験」指導をさせて頂きました。頑張って合奏も出来、とても喜んでられました。少数民族のアボリジニーの方々の事など伺い勉強になりました。朝から私達と同じく嵐山へ行かれモンキーパークで過ごされたそうです。体験後、今度はいつもお世話になっております下鴨神社様へお年始のご挨拶に伺いました。お正月は良いお天気に恵まれて参拝の方が多く来られており駐車場も大混雑で四方山話を?させて頂いた後、御祈祷や神楽舞をして頂いて外に出たら、もうすっかり暗くなっていました。相変わらずの日を過ごしておりますが、どうぞ今年も宜しくお付き合い下さいませ。














2022年12月31日土曜日

京都 琴(箏)だより(年の瀬に)

 町家の庭のイタリアンパセリ、この下に19年一緒に過ごした愛猫さくらが眠っております。今年1年、色々なことがありました。悲しい事も多くあります、けれども私達は前を向いていくしかない、出来る事を頑張り過ごしていけたらと願います。「箏春庵」には多くの方々が来て下さり一生懸命箏を弾いて下さいました。本当に心から感謝致しております。1年間、皆様にはお世話になりまして、ありがとうございました。穏やかな年の瀬をお迎え下さればと願っております。


2022年12月30日金曜日

京都 琴(箏)だより(映画村でバイクショー)

 昨日は東映太秦映画村へ「仮面ライダー」のバイクショーを観に行きました。去年の同じ時期にバイクショーを観てライダー達の華麗な運転技術に感心しましたので今年も。今回は中央に花道が作られており、ここもバイクが走りました。当日券はかなりの人の列が出来ていました。侍ショーも観ましたが去年は人数制限がありましたが今年は立ち見もさせていました。コロナが増えてきている様なので少し心配になりました・・