ブログの説明です

京都を拠点に活動する琴奏者・島崎春美のブログです。生徒さまへのご指導の他にも、各種パーティー、結婚披露宴への出張演奏を行っております。築110年の京町家「筝春庵(soushunan)」での1日お琴体験レッスンも行っています。母、錦綾子とともに「琴綾会」を主催、京都池坊「こころホール」にて生徒さんと演奏会を開いています。世界遺産・下鴨神社 専属演奏家、輪違屋・島原太夫 専属演奏家。ギターとのDuoをはじめとするジャズユニットMETIAにて、ドラムや尺八との和洋折衷セッションも行います。

島崎春美のホームページ←クリック                    「はてなブログ」←クリック(以前のはてなブログもご覧ください)。

左の欄はyou tube動画を並べてあります。
↓↓左欄の下のほうから(年/月)過去のブログが見れます。                      右の欄は↓春美のブログです。↓       

2020年7月6日月曜日

京都 琴(箏)教室だより(ベランダで育てています)




看護師さんのお弟子さん、コロナで色々と業務が増えて忙しい様子ですが久しぶりにお稽古に来られました。色々なお話しを伺いましたが、楽しみなことで、ベランダで育てているという野菜のことも。プランターをいくつか並べて種類多い野菜をそれぞれお世話しています、とのこと。トウモロコシもあるそうで驚きます。丹精の収穫された野菜達の写真を拝見しました。育てていると愛着もわき、楽しいそうです。いいですね!

2020年7月4日土曜日

京都 琴(箏)だより(大きくなったペンギン?)






先日より水に浸けて育てていたタマゴのペンギンが大きくなり?バケツから出しました。勿論玩具のタマゴですが、殻を破ってどんどん大きくなりバケツに収まらなくなってきたのです。水を吸ったせいか、随分重くなりペットボトル1本分位の重さになっています。本当に不思議な、おもちゃのペンギンのタマゴです・・

2020年7月3日金曜日

京都 琴(箏)教室だより(元気そうです!)



春の門下の演奏会が中止になりましたので、その時からお休みされていたお弟子さんもおられましたが久しぶりに来られてお顔が見られるとホッとします。いつも皆さんと仲良くしていますのでコロナのことでの日々が心配です。色々なことで厄介なことは、それぞれにあっても幸い皆さん、元気で過ごしています、ということで嬉しいです。一生懸命練習していた会の曲・・昨日は、おさらいをしました。次回は新しい曲をお稽古されます。楽しいお話し沢山することが出来ました。

2020年6月30日火曜日

京都 琴(箏)だより(素敵な絵手紙)




もう10年位前に下鴨神社様でご披露宴されて箏演奏で伺った際、ご縁を頂いた新郎様のお父様と今も仲良くさせて頂いております。書道と絵が上手でられますので、季節の変わる時などに素敵な絵手紙を送って頂くことがあります。今日も素敵なお葉書が届きました。折々に送って頂いた素晴らしいお葉書が沢山出来まして季節らしいものを、いつも飾って皆さんに楽しんで貰っています。ご自身の優しいお人柄が伝わってくる、はんなりとした作品を見て心を癒されて眺めているところです。長きに渡り続けさせて頂いている温かなご縁に感謝致します。ありがとうございます。

2020年6月29日月曜日

京都 琴(箏)だより(不思議なタマゴ)







湯船に浸けると泡が出て溶けていく入浴剤の中に車など小さなオモチャが入っているものを時々マゴにせがまれて買うことがありました。が、今回は何とも不思議なタマゴのおもちゃを育てる?ことになりました。そこそこの大きさの卵を3日間位水に浸けておくとペンギンが出てくるそうですが、この様な玩具は見たことがありませんでしたので、日々少しづつ変化しているバケツの中の卵を見て怯えているところです。どの位、成長?するのかわかりませんが怖いもの見たさで育てているところです。

2020年6月28日日曜日

京都 琴(箏)教室だより(元気そうで何よりです)


コロナのことでお仕事その他、影響は色々な処にあります。暫くぶりに来られたお二人は共に滋賀県より。お仕事の事、日常の事など変わってしまった様子を伺いました。でも元気なお顔が見られて、又仲良くお稽古出来ることを幸せに思いました!



仲良くお稽古出来ることを幸せに思いました!

2020年6月27日土曜日

京都 琴(箏)披露宴演奏だより(久しぶりに下鴨神社にて)









今日はコロナの影響でキャンセルや日延べになっている披露宴が久しぶりにありました。いつも持参するカバンを用意していたらナントホッカイロが2つも出てきました。前回はまだ寒い頃だったのですねぇ。3月の終わりだったと思います。コロナで失われた空白の時間の長さに驚いているところです。

2020年6月26日金曜日

2020年6月25日木曜日

京都 琴(箏)教室だより(皆、元気です)




春に予定していた門下の演奏会はコロナの事で中止しましたので仲良く合わせ稽古をしていたお弟子さん達も、それぞれの曲のお稽古に戻り練習をしています。久しぶりに顔を合わせたお弟子さん達は色々と四方山話に花が咲きお話しが楽しい様子です。色々と大変な日常など語り合っています。又、いつ何時?コロナの影響が降りかかるかわかりませんが取りあえず皆さんが元気で集うことが出来る日常にホッと癒されます。

2020年6月18日木曜日

京都 琴(箏)だより(動画が出来ました。島唄 / 箏4重奏(琴4重奏) Shimauta Koto Quartet)




今年はコロナの影響で毎年 京都、下鴨神社で行われております「蛍火の茶会」が中止となりました。これは昨年弾かせて頂いた「島唄」の演奏です。控室「供御所」でのものです。

2020年6月7日日曜日

京都 琴(琴)教室だより(皆、頑張っています)




お稽古に来られたお弟子さん達に夫々の日常を聞いています。コロナのことで学校がずっとお休みになり家での生活が長過ぎた小4の女の子、1日目は1時間だけ、次の日はお休み、その次は朝だけでクラスのお友達は半分づつで登校。町内で分けてとのこと、タイヘンです。暫くは給食のこと等、色々な事が画一しません。夏のプールも今年は無しで夏休みは短く・・クラスの皆が一緒になるのは、まだ先だそう。本当に可哀相にと思います。でも学校から渡された沢山の宿題をこなして元気に登校!車関係のお仕事の有能な営業部長のお弟子さんはコロナのことでお仕事のことも色々と大変だそうですが皆さん頑張ってられるそう、皆さん色々あるけれども頑張ってられて偉いです!仲良くお稽古出来ることを幸せに思いながらお話し伺いました。

2020年5月31日日曜日

京都 琴(箏)教室だより(教師試験、頑張ります!)


過去にも何人か学校の音楽の先生を目指してられる方々に箏を、ご指導したことがありましたが今回も夏の試験に向けてお引き受けすることになりました。公立の先生ですので晴れて?箏の実技の2次試験に合格すれば国家公務員となり就職先である学校で先生となれます。ですので相当に狭き門であり難易度も高そうです。募集人数も少ないですので年1度の試験に何回もチャレンジされている方も多くおられる、とのことです。ハードルは高いのですが「頑張ります!」と熱心に学ばれておりますので私も頑張ってご指導させて頂こうと思っております。



2020年5月22日金曜日

京都 琴(箏)だより(食べる知育玩具?)



近頃の子供用のお菓子の中には色々と趣向を凝らしたものが多く見受けられます。面白そうなので求めてみた「お寿司屋さん」のお菓子。水を加えて作ったりして最後には「おしょうゆ」なるものを、付けて完成。マグロなどは本当によく出来ていると思います。食べてみたい、と私は思いませんでしたが孫は食べてしまいました。これは外国の方にも人気があるそうです。一応、知育玩具らしいのですが色々とお菓子も進化しているので驚きました。

2020年5月21日木曜日

京都 琴(箏)だより(嵐山の竹林の道を散策)


京都に住んでいても行ったことがない処は多くあります。近年、物凄い数の観光客が押し寄せているという嵐山の「竹林の小径」もその一つでしたので今日漸く散策してみました。訪れる人も、ほとんどなく天龍寺近くの新しく出来ている茅葺屋根のパン屋さん兼カフェに寄ったり(普段は大人気だそうです)駅前のレトロな、おうどん屋さんでお店の方とお話ししたりしました。静かな嵐山、川辺に飛んでいるツバメや近寄ってくる鳩を見たり、趣深い京都です。山を背景にした美しい渡月橋を見ながら昔の旅人になったような穏やかな気持ちになりました。












2020年5月20日水曜日

京都 琴(箏)だより(走るキリン)



先日訪れた動物園でのことです。最後に行った「キリン」のところで走っている「キリン」を見ました。いつも、のんびりと草を食べたりしているところばかり見ていた気がしていたので驚きました。コロナのことで長く園がお休みでしたので動物も本来あるがままの日常を?取り戻していたのかも知れませんね。

2020年5月19日火曜日

京都 琴(箏)だより(再開された動物園へ)






京都市動物園は手ごろな広さと家庭的な雰囲気のある親しみやすい動物園ですので長きに渡り何度も訪れている楽しみな場所です。昨今の事情により暫く園はお休みされていましたが、再開されるということで昨日早速娘らと行きました。消毒、マスクなど対策をし、散策していました。丁度初日ということで新聞社の方が来られており再開された感想など取材を受けましたら今朝の朝刊に載せて頂いているのを母が見つけました。偶然、我が家愛読の朝日新聞ということで嬉しかったです。お話ししていた時、伺ったところによりますと園が長期に休園されると言う事は長い園の歴史の中でも戦争の時など以外には初めてとのことで今回のウイルスは動物達も影響を受けてしまうことがあるとのことです。特にトラや象などは気をつけてあげないといけない、とのことで動物達との距離を柵などして、とってありました。私達人間は人との距離のことなど自分達のことばかり考えてしまいますが考えてみれば同じ生き物同士である動物達に与える私達の影響も考えなければ迷惑をかけてしまうのだなあと考えさせられました。

2020年5月18日月曜日

京都 琴(箏)だより(すいています、嵐山)


今日は嵐山へ行きました。いつもは大賑わいの「竹の道」ですが、多分こんな時なので、すいている筈なので行ってみようとしたのですが(私は1度も行ったことがありません)「お猿さんのところへ行きたい」とマゴに熱望されて仕方なく「モンキーパーク」の方へ行くことになりました。昨年暮れに行きましたので2度目ということもあり「お猿さん」に会いたい想いのマゴは、スタスタと登って行きます。後を追う事となり汗をかきました。若干の親子連れをお見かけしましたが外国の方の姿は、ありません。「渡月橋」も散歩する愛犬連れの方々などだけで本当に静かな京都の風情でしたが、これも又、いいかなと思えました。








2020年5月13日水曜日

京都 琴(箏)だより(海の色の京都タワー)



京都タワーは京都のシンボルでもありますが先日美しい色に染まりました。希望あれば有料ではありますが思いの色に点灯して下さるそうです。お若くして旅立たれたという仲良いアメリカのお友達のご子息の為に,お弟子さんが想いを届けられました。本当に美しい「海の色」です。きっと温かなお心が伝わったと思います。