ブログの説明です

京都を拠点に活動する琴奏者・島崎春美のブログです。生徒さまへのご指導の他にも、各種パーティー、結婚披露宴への出張演奏を行っております。築110年の京町家「筝春庵(soushunan)」での1日お琴体験レッスンも行っています。母、錦綾子とともに「琴綾会」を主催、京都池坊「こころホール」にて生徒さんと演奏会を開いています。世界遺産・下鴨神社 専属演奏家、輪違屋・島原太夫 専属演奏家。ギターとのDuoをはじめとするジャズユニットMETIAにて、ドラムや尺八との和洋折衷セッションも行います。

島崎春美のホームページ←クリック                    「はてなブログ」←クリック(以前のはてなブログもご覧ください)。

左の欄はyou tube動画を並べてあります。
↓↓左欄の下のほうから(年/月)過去のブログが見れます。                      右の欄は↓春美のブログです。↓       

2020年10月18日日曜日

京都 琴(箏)だより(皆と仲良く1日を)

 今朝はお稽古、そして伊賀上野からこうちゃん家族が来てくれて。午後からお稽古、中学高のご友人3人の男の方々が「お琴体験」そして続いて小4の女の子に再び体験指導と長い1日となりましたが皆さんと仲良くお箏を通して過ごせて嬉しいことと温かな気持ちの1日でした。






2020年10月10日土曜日

京都 琴(箏)体験教室だより(箏はどんな感じ?)

町家の「お琴体験」、昨日は作曲をされてられる方が来られました。ポップス曲を書いてられ琴のフレーズも入れられるそうで実際に弾いてみたく、とのことです。和楽器は独特の音の特性などもありますので、身近に弾いてみられることは大切かと思います。箏は面白い楽器で洋楽の7音階の調弦も出来、日本の旋律の元となる5音階の調弦も出来ます。用途に応じて音域も色々に設定することが出来ます。ただ、糸数は13本ですので7音階に調弦すますと音域は狭くなります。音楽の知識も持ってられる方で音感も良く頑張ってお稽古して下さり上手に合奏が2曲出来喜んで下さいました。これからの新しい音楽創りに何かプラスになったら、いいなあと願っております。



2020年10月6日火曜日

京都 琴(箏)だより(また、箏を弾きたくなりました)

 中・高の時に箏曲の部活で頑張ってお箏を弾いてられた方が来られました。5年間一生懸命弾かれていたそうです。「又、弾いてみたいです」と思われたそうで嬉しいことですね。学校の皆さんと仲良く弾いてらたこと、素敵です。是非、又楽しく箏を弾いて下さればと願っております。



2020年10月2日金曜日

京都 琴(箏)演奏だより(下鴨神社「名月管弦祭」奉納演奏)

 昨晩は下鴨神社様にて「名月管絃祭」がありお弟子さん達と奉納箏演奏させて頂きました。今年はコロナのこともありますので会員様限定となりましたが秋らしい風情を感じることが出来ました。